昔々の釣り自慢 そして現在のトホホな釣果


by umihiko45

こんな事もあるんですね

3月24日

 小潮  満15:30

女房が娘の引越しの手伝いで東京へ
畑作業もあるのでしばらく瀬戸田で過ごすことにした

前日 大里でイソメを700円購入 最近は赤色のイソメがあるんですね

場所はハナグリの波止  昨年11月中旬にチヌ狙いで行った時カレイ狙いで3人が入っていた  その時は釣れてなかったが気になっていた
しかし今日は潮が悪い  でも天気も良いので釣れなかっても下見出来たらと11時に着いた
最近は乗合船ばかりだったので投げ釣りは7年ぶりだ  仕掛けも道具もその時のままで心配だったが大丈夫だった

独り占めだったので波止に3本を出して広く探った
案の定餌は取られなかった
30分くらいして地元の人が来た  
先端の竿を上げると重い  22cmのホゴが上がってきた 地元の人がなかなかこんな良い型は上がらないよと褒めてくれた
その後は当たらなくなった  地元の人から弓削のキスポイントを教えてもらった
しばらくしてその人は帰った
2時頃20cmのホゴが上がった
その後先端の竿を上げると重い 暴れないので何かなあと思ったら38cmのカンダイが上がってきた
次は手前で少し暴れながらアイナメが上がってきた なんと32cmもあった
最後に狙いのカレイまで釣れてきた  初めて見るカレイだった  調べるとメダカカレイと言うらしい
餌もなくなり4時納竿

期待してなかったのにこんな事もあるんですねえ
おかげで3日間昼 夜のオカズは魚続きでしたが

b0275986_1917418.jpg

[PR]
by umihiko45 | 2014-03-31 19:23 | 投げ釣り