昔々の釣り自慢 そして現在のトホホな釣果


by umihiko45

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鯛ラバ

5月30日
中 干8:0

中吉丸6月の募集が出たが鯛ラバだけの日が無い。前回の鯛ラバの結果にモヤモヤしていたので、まだ空きの有る30日を問い合わせたら鯛ラバメインということなので申し込んだ。

6時半出船。私の席は前回同様左舷尻。
同乗は4人。タイラバファイトクラブの2人、ハンター軍団のkumaさん、ヒトツテンヤの達人Nさん。
・・・これじゃあ前回以上にしょんぼり帰ることになるなあ・・・

釣り開始したが今回も状況はあまり良くない。
何回か移動。kumaさんが小さい鯛をあげた。鯛玉を見ると私もよく似たのがあるので付け替えた。
b0275986_10584129.jpg

すると モゾモゾのアタリでガシラが釣れて来た。
同乗者がポツポツあげるが鯛、アコウとも小さい。
10時 来島大橋西側の津島に向かっていくラインに移動。ヒトツテンヤのNさんが50cm近いアコウをあげた。
その後私にもアコウが来たが小さくてイケスには入れなかった。
その後の流しでガツン!ときた。
Daiwaの竿は弾力があるせいか大きいとは思わなかったが47cmのアコウだった。やったね
b0275986_11133052.jpg


竿2本で鯛玉を次々替えていくがアタリは遠かった。
小型アコウ追加  やはり の鯛玉だった

午後大移動 岩城島沖へ
kumaさんがワニコチを釣った。その後すぐに私にも来た。アタリ鯛玉は
b0275986_14492521.jpg


ここからNさんのヒトツテンヤ祭りが始まった。コチを連続であげる。前アタリを捉えて面白そうにあげていく。
3号の超軽量テンヤでフォール、引き誘いで。
竿を借りた船長も2匹あげた。kumaさんも借りたがしばらくやってないので底が取れないと諦めた。
ヒトツテンヤ・・・それまでが苦難だろうが技を会得すればすごく楽しそうだ。イカダ釣りに通じるものがある。
若ければきっと始めただろうが、もうイイカ。

私の方はアタリがないままで根掛りさせてしまいPEを高切れさせてしまったのでSimanoの竿で続けた。
Nさんが釣り続けるので船長も辞められなかったが、さすがに5時頃  ”この流しで終りで~す”
でもその流しでNさん なんと50cm級の鯛をあげた。
”もう1度だけ流しま~す”
そのラストで着底アタリがあり5~6回巻いたがバレてしまった。ザンネン!
Daiwaの竿だったらあがったかもしれない。
Nさんはコチを追加して ”エビ終了!”  オイ、オイ

港に着いたのは6時半  なんと12時間の釣りでした。

アコウ 47 24 24  ワニゴチ 43  ホゴ
b0275986_1527126.jpg


本当に久しぶりにトホホから免れた

ベテランの鯛ラバ釣り師と同乗して引けを取らない釣果だった。それで思ったのは鯛ラバのコツは早くアタリ玉を見つける事。それより最も大事なのは運のようだ。
今日の釣りで鯛ラバ病が治ったようだ。
[PR]
by umihiko45 | 2013-05-31 11:16
5月24日

    大潮  満9:0

今年から瀬戸田で野菜を作り始めたので瀬戸田に行く回数が増えた。
釣りにも行きたいと思っているんだが女房が一緒なので気が引ける。3月にちょこっとカブセ釣りをした。

今日は単独で行ってフカセ釣りをした。投げでキス釣りをしたかったのだが、フカセの撒き餌やオキアミの餌が置かれたままになっているので気になっているのだ。今の家に越してから乗合船だけなので、5年以上前の物なので果たして使い物になるか疑問なのだがダメなら捨てれば良い。いずれにしても釣果は期待していない。かってこの島での釣りで良い思いをしたことが無い。

10時過ぎに宮原港の波止に着いた。すでに引いていた。撒き餌にスズメダイらしき魚が湧いてきた。
手前と沖のウキ近くに撒き餌をしながら流しているとウキが沈んだ。フグだった。
続いてアタリ。今度は良く引く。チヌと思っていたら黒い。玉網ですくったらグレだった。グレを釣ったのは初めてだ。21cmだけどこれは嬉しい。その後もアタリが途切れずフグや子鯛も混じったが4匹のグレを釣った。
内1匹は23.5cmでよく引いた。
1時になると潮が停まり餌も残ったままで戻ってくるので納竿とした。

後で地元の友人に聞くと5~6年前から瀬戸田でも釣れる様になったそうだ。温暖化してるんだろう。
大きくなると離れるらしい。

残り物の処理のつもりで出かけたのに楽しい釣りになった。
b0275986_10354132.jpg

グレ 23.5, 21×3, 19

2匹を塩焼き、3匹を煮付けで食べた。夫婦2人なので自分で栽培したブロッコリーやタマネギと合せて2食の良いおかずになった。
大物、大物とこだわる釣りから卒業して そろそろ原点に戻っても・・・と考える釣りだった
[PR]
by umihiko45 | 2013-05-28 10:41

鯛ラバ  中吉丸

5月13日

  中  満12:0

6時出船  今日は快晴で風もない絶好の釣り日和 
船首に3人、船尾に4人  私は左舷船尾  背中側には最近親しくさせていただいてる松永のSさんと友人

今年初の鯛ラバなので期待に胸膨らむ
しかし アタリがない  色々ポイント移動するがダメ  
2度 アタリがあったが食い込まなかった  このアタリで掛けたくて柔らかい竿を買ったんだがやはりダメだ

来島大橋の東側に移動した時船首の人が掛けた  50cmの鯛
少しして 背中側のSさんと友人がほぼ同時に掛けた  50cmと55cm
よし地合だ!と集中したがその後アタリなしで移動
アタリが少ないので移動する時間が長い  船長も大変だ

右隣の人は鯛ラバ初めてだそうで 釣れる気がしない とこぼす   底取れてるんだからそのうち釣れますよ
と励ますが 自分に言い聞かせてる部分もある

6時間以上もアタリがないと今日はボーズか?と不安になってきた
竿2本で鯛玉は色々変えているのに・・・
時  初めて掛った  あまり引かないけどバレないかとドキドキする  36cm  船長が掬ってくれた
鯛玉は緑頭でネクタイは赤とケイムラ 今回では初めて使った   ネクタイが絡んでいたので次の流しは別の鯛玉を使いアタリなし
その次は緑頭に戻した  するとヒット! 今度は41cm アップした

その後もアタリが続かず移動を繰り返した
最後は火力発電所沖に移動  ここでアコウが釣れてきた  今日絶好調の友人の方は45cmをあげた
私はアタリなし

今日は不調と思っていたが 鯛10匹、アコウ8匹釣れていた

私は今回もトホホな結果に・・・  
いつもこんな釣果で複雑な気分だ  まあ年間に5~6回しか釣行しないんだからこんなもんかな

b0275986_19122350.jpg

41cmと36cm
[PR]
by umihiko45 | 2013-05-14 19:12